霧ヶ峰ブログ

ホーム 霧ヶ峰ブログカテゴリ: 積雪

記事一覧(カテゴリ: 積雪)

積雪30cm!

2021.12.10

今週半ばに降雪があり、霧ヶ峰は辺り一面が雪景色です。

一面の雪景色
〈蝶々深山方面〉

本格的な降雪はいつだろうと思っていた矢先、あっという間に景色が一変しました。

センター前の積雪は現在20~30センチほどで、降雪直後は40センチ位ありました。
車山肩の様子を見に行ってみると、吹き溜まりはすでに50~60センチ位になっています。

白く覆われた遊歩道
<車山肩>
遊歩道に積もる雪
<車山肩から車山湿原へ向かう道>

車山湿原方面の入り口の吹き溜まりもご覧の通りです。
雪は固くしまっていましたが、柔らかい雪の上では踏み抜くと膝くらいまであります。

前回のブログでは冬の楽しみ方について書きましたが、さっそく、雪の上で動物の足跡を見つけました。

雪上に小さな足跡
<動物の足跡>

冬、足跡はよく見かけるのに姿はなかなか見せてくれないノウサギ。
足跡を見てどこに行ったのか、どんなふうに歩いたのか想像するとワクワクします。

くっきりとした足跡
<ノウサギの後ろ足>

後ろ足の跡がくっきり残っているのを見つけました。
指を広げて、体が雪の中に沈みこまないようにしています。
人間だと真似できない?!ですが、スノーシューを使えば、あまり沈み込まず深い雪の上を歩くことができますね。

今、霧ヶ峰を歩くには、場所によってはスノーシューや軽アイゼンなどがあった方が良さそうです。

冬は壮大な雪景色や、ちいさな動物の足跡など驚きがいっぱいです。
支度を整え、ゆっくり景色を味わってみてくださいね。


粉雪舞う師走のはじまり

2021.12.02

今朝、霧ヶ峰に来ると、路面にうっすらと雪がありました。

路面にうっすらと雪
〈センター前の道路・ビーナスライン〉

夜間降ったのでしょうか。
積もるほどではなくサラサラの雪ですが、路面を覆っています。

12月に入り、いつまとまった雪が降ってもおかしくない季節です。
スタッドレスタイヤやタイヤチェーンなど、滑り止めが必要な時期になりました。
ちなみに写真にも看板が写っていますが、八島湿原駐車場から先は冬季通行止めになっていますので、ご注意ください。

さて、今の時期は訪れる人が少ないのですが、生き物たちの動きが感じられる季節でもあります。

こちらは以前撮影された写真ですが、雪の上にこんな跡が…。

人の顔のような形の足跡
<動物の足跡>

顔のような形の跡がいくつも。

何の動物かわかりますか?

草むらにいるノウサギ
<草むらにジッとしているノウサギ>

ノウサギです。
こんな風に姿を見ることは稀ですが、雪原にはあちこちで足跡を見ることができます。

ノウサギはキツネなどに狙われますが、後を付けられないよう方向転換をすることがあります。
足跡を追っていくと面白い発見があるかもしれません。

昨年こんなこともありました。

木の根元まで続く雪の上の迷路
<雪にいくつもの筋>

迷路のように小さな道ができています。

何だと思いますか。
木の根元の方へも続き、そこから出入りしたようです。

どうやらネズミの通った跡のようです。
雪の中を通ったネズミの動きが分かって面白いです。
ちなみに写真を撮った時、ネズミはまだこの辺りにいたようで、気配を察知してこの後脱出していました!

小さなネズミの足跡
<小さな足跡>

積雪が多いと小動物の足跡が分かりにくくなるのですが、まだ雪の少ない時期は、小動物の足跡がよく見つかります。
是非探してみてくださいね。

車山肩の霧氷

2021.11.16

霧ヶ峰自然保護センターは、11月16日より冬期休館に入りました。
今年度は、新型コロナウィルス感染症対策のため幾度も臨時休館があり、ご不便をおかけしましたが、多くの皆様にご来館いただきありがとうございました。
霧ヶ峰自然保護センターは現在改修工事中です。
来年春には、新たなセンターで皆さんをお出迎えしますので、どうぞお楽しみに。

さて、11月に入り少し積雪がある日がありました。

遊歩道に積雪
〈車山肩〉

先日11月13日朝の車山肩の様子です。
足元はうっすらとですがサラサラの雪が積もっていました。
また周辺では、草木に霧氷が見られました。

枝先に付く霧氷
白い木
霧氷のアップ

葉を落とした後は少し寂し気な景色ですが、真っ白の木々は太陽の光でキラキラと輝き、この時期ならではの素晴らしい景色でした。
枝も草木の葉も今までとは全く違った装いです。

針葉樹の霧氷と山並み
<奥は車山湿原脇の樹叢・蓼科山>
白く輝くススキ
<ススキにも霧氷>


北アルプスなど遠くの山々は既に冠雪していますが、空気が澄んだ冬はよく見えます。

八島湿原と北アルプス
<車山肩から見た八島湿原の方向>
地面に積もった荒い粒の雪>
<足元の雪>

この時期は、溶けた霜や雪などで登山道がぬかるみやすくなっています。
防水の靴やスパッツなど、足元の対策もあったほうがいいかもしれません。

冬の霧ヶ峰の情報は、当センターHP内のお知らせや、他のページでも紹介していますので、お越しになる方はそちらもぜひお読みください。

  • お知らせ

冬季の道路通行止め、路線バス、使用可能なトイレについて – 霧ヶ峰自然保護センター(ビジターセンター) (kirigamine-vc.jp)

  • 冬の霧ヶ峰

冬の霧ヶ峰 – 霧ヶ峰自然保護センター(ビジターセンター) (kirigamine-vc.jp)

ページの先頭へ ページの先頭へ
×