取り組み

ボランティア

ホーム 取り組み ボランティア

活動について

霧ヶ峰パークボランティアは2004年度に発足しました。霧ヶ峰でのごみ拾いや巡回、公園内の整備活動等を継続して行っています。 緑の腕章をして活動していますので、霧ヶ峰で出会ったらお気軽にお声がけ下さい。

たくさんのボランティアが集まり作業をしている
花の脇に名札を付ける
柵の補修を行っている

活動実績

(令和2年度 令和2年2月3日現在)
登録人数   103名
活動延べ人数 357人

活動内容

  • 巡回 ・・・ 49人
    ゴミ拾い、マナー呼びかけ
    自然情報・整備情報の報告
  • 公園内整備 ・・・ 96人
    花の名札付け、草刈り、杭打ち
  • 勉強会 ・・・ 48人
  • その他 ・・・ 164人
    ふれあい巡回、イベントサポート、ニホンジカ調査、八島防鹿柵点検、雑木処理、散策会等

霧ヶ峰パークボランティアの規約

1 . 目 的

霧ヶ峰パークボランティアは霧ヶ峰自然保護センター(以下センターとする)の事業に協力し、 ともに貴重な霧ヶ峰の自然を保護し、未来に残していくために自分たちの力を活かし、よりよい霧ヶ峰を目指していくことを目的とする。

2 . 登 録

  • センターに登録する。
  • 霧ヶ峰が好きで、霧ヶ峰で活動できる方。
  • それ以外に年度始めのオリエンテーションと年度末の総会へなるべくご出席できること。
  • PV募集説明会へご出席できること。(新規でご登録される方対象)

※募集説明会に参加いただき、活動内容等にご理解いただいた上で、ご登録いただきます。
出席できない方は、募集期間内にセンターまでお問い合わせ下さい。 説明会の資料を郵送かメール等でお送りします。

3 . 登録期間

1年間とし、毎年度登録を行う。(令和2年度は2月24日から募集開始3月13日締切)

4 . 登録の取り消し

  • 霧ヶ峰PVとしてふさわしくない言動があったとセンターやボランティア運営委員会が認めた場合
  • 本人から申し出があった場合
  • 宗教・政治・販売活動などの活動が認められた場合

5 . 事務局

センターに事務局を置く。

6 . 報 酬

無償とする。(報酬費・交通費などの支給はございません。)

7 . 活動例

  • 霧ヶ峰地区の巡回(パトロール、ゴミ拾い、自然情報・散策路情報収集、マナーの呼びかけ)
  • 公園整備(登山道整備、標識や看板整備、園地およびセンター周辺の花札付け)
  • センター内での活動(展示解説、展示物製作、PVミニミュージアム実施など)
  • 調査研究(県環境保全研究所の調査協力など)
  • 霧ヶ峰再生事業(外来種除去、雑木処理など)
  • 霧ヶ峰自然環境保全協議会(みらい協議会)の個別作業にも個々で参加
  • その他(センターイベントサポートなど)

8 . 活動の手順

  1. 当日、センターで名札と腕章を受け取り、活動内容を再度確認する。
  2. 各自の活動を実施する。
  3. センターに帰着し名札と腕章を返却する。
  4. 活動日誌を記入し、終了。

9 . 活動の留意事項(一部抜粋)

  • 安全に気をつけ、楽しみながら活動してください。天候が悪化しそうな時はセンターに戻ってください。
  • 他の公園利用者の手本になるよう、自然保護マナーを遵守してください。(ゴミのポイ捨て、トイレ、禁止区域内への立ち入り)
  • PVであっても自然保護地域、私有地など立入禁止区域へは入れませんので、登山道をはずれて草原や湿原に入らないでください。
  • PVに取り締まりの権限はありませんが、1人の公園利用者として、誤って利用をしている人を見かけた場合には、お互いに正しく公園を利用するように促してください。
  • 公園利用者に不快の念を与えないように言葉遣いに注意しつつ、自然と人にやさしい心をもって活動してください。
  • 休憩や昼食はPVスペース(和室)をご利用いただけます。事務室の使用はご遠慮ください。
  • 霧ヶ峰では、霧ヶ峰自然保護指導員、環境省自然公園指導員、林野庁高山植物保護指導員、長野県自然保護レンジャーといった様々な立場の自然保護関係者が活動しています。 お互いに情報交換しながら、協力して活動しましょう。
  • その他、わからないことなどは気軽にセンター職員に相談してください。

10 . 保 険

長野県にて(福)全国社会福祉協議会ボランティア活動保険に加入します。

ページの先頭へ ページの先頭へ
×