霧ヶ峰ブログ

ホーム 霧ヶ峰ブログカテゴリ: 道路状況

記事一覧(カテゴリ: 道路状況)

ニッコウキスゲ開花状況(2022年7月17日)

2022.07.17

3連休2日目の日曜日、霧ヶ峰には多くの観光客の方が訪れました。

渋滞する道路
〈車山肩付近を車山中腹から撮影した様子〉

車山肩周辺の道路は朝から15時過ぎまで渋滞し、写真のように車が列を連ねていました。

明日も混雑が予想されますので、センター周辺や霧ヶ峰スキー場付近、車山高原の駐車場もご利用ください。
(地図はこちらをご覧ください)

ニッコウキスゲの開花状況ですが、見頃は連休明け数日位までとなりそうです。

ニッコウキスゲ群落
<車山肩・ビーナスの丘>

終花したもの、まだ蕾が残っているものと様々ですが、まだつぼみがありましたのでもうしばらく楽しめそうです。

ニッコウキスゲの群落の中には、オオバギボウシ、ツリガネニンジンなどの花々も咲き、天空のお花畑と言いたくなる光景が広がっていました。

橙色と白のお花畑
<車山肩・ビーナスの丘>
オオバギボウシ
<オオバギボウシ>
ツリガネニンジン
<ツリガネニンジン>

下の写真は車山高原と富士見台の様子です。

ニッコウキスゲ群落
<車山高原(車山東側の斜面上部>
ニッコウキスゲ群落
<富士見台(撮影は車山中腹から)>

夏真っ盛りですが最近は天候が不安定ですので、雨具や防水性の靴などを用意したうえで霧ヶ峰の自然を満喫してください。
最後にここ5日間の気温(センター観測)です。

最高気温最低気温
13日21.2℃14.1℃
14日21.8℃15.5℃
15日19.5℃14.5℃
16日18.4℃13.8℃
17日18.5℃15.6℃

7月初旬に比べて過ごしやすい陽気が続いています。
風が冷たいときや日差しが強いときのため、長袖の上着もお持ちください。

積雪たっぷり

2022.02.27

今年は積雪が多く、センター周辺では1m以上雪が積もっています。
気温が上がると解けてきますが、新たに雪の降る可能性もあります。

センターHPのおしらせにも掲載しましたが、伊那丸富士見台付近で雪崩が発生し、霧ヶ峰の中で諏訪~茅野間の通行ができません(2/27時点)。

雪崩発生場所と通行止め区間

上の散策マップに載っているとおり、登山道でも雪崩が起きやすい場所があります(車山山頂から車山肩にかけてなど)。
気温が上昇すると雪崩の危険性もありますので、登山をされる方はご注意ください。

さて、昨日八島ヶ原湿原周辺の巡回を行いました。

八島湿原
(雪に覆われる八島ヶ原湿原)

湿原の周囲を囲む木道が雪ですっかり見えなくなっていました。
歩く目印になっているのは、秋に霧ヶ峰パークボランティア、行政職員、センター職員で設置した竹竿で、散策される方が天然記念物に入らないように目印としたものです。
湿原内を横断しているのはウサギやキツネの足跡のみ。人が歩いた踏み跡は無くほっとしました。

雪原とキツネの足跡
〈湿原内を横断するキツネの足跡〉

こちらは湿原の先にある丘。なぜ波打っているのでしょう?

雪に覆われた丘
〈真っ白な丘〉

ここは御射山遺跡の土壇です。
中世、この場所に武士が集まり祭祀を行ったとされる場所で、階段状の桟敷跡が今も残っています。
こちらは県史跡になっているため、冬も立ち入りはお控えください。

ウサギの足跡が二列
〈ウサギの足跡〉

雪原にウサギの足跡が二列横並びになっています。
仲良く2匹が並んで飛び跳ねた?一頭が同じ場所を歩いた?別のウサギが同じところを歩いた?
答えはわかりませんが、想像するのが楽しいです。

駐車場の様子
〈八島湿原駐車場〉

最後に、雪の影響でその都度駐車場の状況は変わりますが、夏に比べて駐車可能台数は少ないです。
八島湿原の駐車場の場合、上の写真のように斜めに停めると駐車できる台数も増えますのでご協力をお願いします。
また車山肩に停められる台数も少ない場合があるため、霧ヶ峰スキー場や車山高原スキー場を利用されるのが良いかもしれません(リフトを使うのもおススメです)。

粉雪舞う師走のはじまり

2021.12.02

今朝、霧ヶ峰に来ると、路面にうっすらと雪がありました。

路面にうっすらと雪
〈センター前の道路・ビーナスライン〉

夜間降ったのでしょうか。
積もるほどではなくサラサラの雪ですが、路面を覆っています。

12月に入り、いつまとまった雪が降ってもおかしくない季節です。
スタッドレスタイヤやタイヤチェーンなど、滑り止めが必要な時期になりました。
ちなみに写真にも看板が写っていますが、八島湿原駐車場から先は冬季通行止めになっていますので、ご注意ください。

さて、今の時期は訪れる人が少ないのですが、生き物たちの動きが感じられる季節でもあります。

こちらは以前撮影された写真ですが、雪の上にこんな跡が…。

人の顔のような形の足跡
<動物の足跡>

顔のような形の跡がいくつも。

何の動物かわかりますか?

草むらにいるノウサギ
<草むらにジッとしているノウサギ>

ノウサギです。
こんな風に姿を見ることは稀ですが、雪原にはあちこちで足跡を見ることができます。

ノウサギはキツネなどに狙われますが、後を付けられないよう方向転換をすることがあります。
足跡を追っていくと面白い発見があるかもしれません。

昨年こんなこともありました。

木の根元まで続く雪の上の迷路
<雪にいくつもの筋>

迷路のように小さな道ができています。

何だと思いますか。
木の根元の方へも続き、そこから出入りしたようです。

どうやらネズミの通った跡のようです。
雪の中を通ったネズミの動きが分かって面白いです。
ちなみに写真を撮った時、ネズミはまだこの辺りにいたようで、気配を察知してこの後脱出していました!

小さなネズミの足跡
<小さな足跡>

積雪が多いと小動物の足跡が分かりにくくなるのですが、まだ雪の少ない時期は、小動物の足跡がよく見つかります。
是非探してみてくださいね。

雨の中いきものたちは…

2021.08.18

全国各地で激しい雨が降り続き、長野県内でも土砂災害が発生しました。
被災された方ならびにそのご家族の方に心よりお見舞い申し上げます。

霧ヶ峰周辺の道路でも一部通行止めになっているところがあります。
詳しくはお知らせのページでご確認ください。

この雨の中、植物や動物たちはどうしているのだろうと気になり、雨が落ち着いた頃に、センター前の園地の様子を見に行ってきました。

センターを出たところでノビタキの幼鳥に遭遇。

歩道を歩く鳥
〈ノビタキの幼鳥〉

歩道の上で虫を捕まえたり、プリっ(?)としていたり(写真のノビタキの足元を見てください…)しましたが、こちらに気が付くと慌てて飛んでいきました。
人影がなかったので、あまり周りを気にせず行動していたのかもしれません。

園地へ行くと、草原はいつの間にか秋色になってきていました。

草原
〈センター前の園地〉

揺れるススキの穂、アキノキリンソウ、ハンゴンソウ。

黄色い花
〈アキノキリンソウ〉
ハンゴンソウ
〈ハンゴンソウ〉

今年多く咲いたヤナギラン。
背が高いので風雨で倒れたものもありましたが、それでもたくさんの花を咲かせていました。

ヤナギラン
〈ヤナギラン〉
ヤナギラン
〈紅葉しているヤナギランの葉〉

マツムシソウもまだ綺麗に咲いているものが多くあります。

薄紫色の花
〈マツムシソウ〉

野鳥はノビタキの他にホオアカの姿も。

木に止まるホオアカ
〈虫をくわえるホオアカ〉

虫をくわえて、表情はきりりと凛々しいです。
自然界で生きる動物たちは、雨の中でも自分たちや子ども達が食べるものを探さなければなりません。
野生で生きる逞しさを感じました。

最後に…、今日の夕方にいっとき青空が見えました。
久しぶりの空の明るさが目に眩しかったです。

青空と植物
〈青空とシシウド〉

気持ちのいい晴れの日が恋しい毎日です。

ページの先頭へ ページの先頭へ
×