霧ヶ峰ブログ

ホーム 霧ヶ峰ブログ モズの独り立ち

モズの独り立ち

2022.07.11

昨年、遊歩道を歩いているときにモズの巣を見つけました。

親鳥はピョンっと巣の中に入り抱卵中のようだったので、刺激してはいけないと思い、その場をすぐに立ち去りました。

木の枝の中にある巣
〈写真は今年撮影したもので巣は崩れていました〉

モズは昆虫類の他、ネズミや小鳥なども捕えるため小さな猛禽類とも言われます。

モズ♂
<電気柵に乗っているモズ♂>

実際、鉤状のくちばしは小さいながらもとても鋭利になっていることがわかります。
オスは目の周りに黒い過眼線があるため目つきが鋭く見えますが、メスは過眼線が茶色っぽく柔らかい印象です。

モズ♀
<八島ヶ原湿原にいたモズ>

そんなモズですが、霧ヶ峰のとある場所で営巣をしていました。
親鳥が勢いよく入っていくのはバラの茂みの中。
鳥の卵は、ヘビやカラスさらに霧ヶ峰ではカッコウなど、様々な動物に狙われています。

梢にとまるカッコウ
<カッコウはノビタキやモズといった鳥たちの巣に卵を産み、仮親に子育てを任せます>

棘だらけの茂みの中に作れば鳥は入りにくそうです。
「考えたなぁ」と思い様子を見守っていました。

幼鳥が出てくるを楽しみにしていた矢先、ショックな出来事がありました。

茂みのそばで見つけたのは幼鳥らしき亡骸…。
何が起きたかはわかりませんが、無事に大人になるものは多くないのだと感じました。

・・・そんなある日別の場所で幼鳥の姿を見つけました。

まだ幼い印象ですが目つきはキリっと凛々しいです。

モズ幼鳥
モズ幼鳥
<モズの幼鳥>

大人になれなかったもの、これから成長し、そして新たな命を紡ぐもの。
どちらも精一杯生きたことに変わりなく、最後には自然に還ります。

霧ヶ峰を歩いて自然を見ていると日々多くの命がめぐっていることを実感します。

ページの先頭へ ページの先頭へ
×