霧ヶ峰ブログ

ホーム 霧ヶ峰ブログ 静かな草原から…

静かな草原から…

2021.05.22

センターの近くでカッコウの鳴き声が聞こえてくるようになりました。
霧ヶ峰でカッコウが鳴き始める頃は、ゴールデンウィークが過ぎ、まだ夏場のように観光客が多くはない、そんな静かな時期です。
カッコウと言えば、童謡「静かな湖畔の森の陰から」が有名ですね。
霧ヶ峰に湖畔はありませんが、静かな草原から「カッコウ、カッコウ…」と繰り返し聞こえてくる様子からは、やはり童謡の歌詞が浮かんできます。

カッコウの姿自体は間近で見ることは少ないのですが、こんな見た目をしています。

木に止まるカッコウ
カッコウ

ホトトギスやツツドリとも姿が似ているのですが、一番わかりやすいのはやはり鳴き声ですね。

長野県では里でも見られるカッコウ。
私が長野県に来て間もなく、朝晩に繰り返しカッコウの鳴き声が聞こえていたので、どこかの家の鳩時計かと勘違いしていたことがあります。

それはさておき、鳥たちの姿がよく見られるようになってきました。
ホオアカ、ノビタキの鳴き声もよく聞こえてきます。
彼らは、時に海を越えて外国へ渡る渡り鳥です(最初に紹介したカッコウも渡り鳥です)。
霧ヶ峰へは例年4月頃にやってきて、冬前には旅立っていきます。

こちらは先日車山で出会ったホオアカ。
背中の黄色が目立っていました。

ホオアカ
ホオアカ

冬羽からの換羽の途中だったのかもしれません。
地面にいる虫を捕まえるのに必死でしたが、私の姿を認識し、一定の距離を保っていました。

地面にいるホオアカ
地面をちょこちょこ
草むらで虫を捕まえるホオアカ
草むらでパクッ

ノビタキはよく高いところで伸びやかにさえずっています。
ちなみにこんなところにもいましたよ。
何かわかりますか?

ノビタキ
降雪機の上にいるノビタキ

スキー場の降雪機です。
一際高いところで、遥か彼方まで見渡しているのでしょうか。

ホオアカもノビタキも、これからは頻繁に見かけます。
みなさんも霧ヶ峰を散策すると、こんな鳥たちに出あえるでしょう。

ページの先頭へ ページの先頭へ
×